治療費の足しになった金の指輪

私は主人と結婚して4年が過ぎました。

我が家には愛犬が居るのですが、ある日、怪我をしてしまい手術と入院が必要になりました。

動物の治療費と言うものはとてもお金がかかり、食費を切り詰めたりしていたのですが、限界を感じました。

そこで、いらなくなった洋服やバッグ、アクセサリーをお掃除がてらリサイクルに出すことにしました。

以前も行ったことがあるのですが、それほど高価な物は持っていないので『買い取ってもらえるだけありがたい』と思って出すような感じでした。

ひとまずいらなくなった物を数点まとめてお店に持っていき、合計金額が出るまで店内で待っていました。

私の番号が呼ばれてカウンターに行ってみると、金額が思った以上に多い7300円でした。

内訳を見て見ると、指輪1点で5000円以上の金額がついており、どうやら素材が18金だったようでした。

実はその指輪は昔、好きな人からプレゼントしてもらった物でした。

何となく捨てられず取っておいたのですが、さすがに違う人と結婚した今、使う訳にもいかず今回、ここの金の買取業者に買い取ってもらう事にしたのです。

大切な愛犬の治療費ができて、本当にありがたかったですし、相手の事を思い出してとても懐かしくなる出来事でした。